プラセンタ(不老長寿の薬だと考えられていたこともあったのだとか)はアンチエイジングや美肌などで高い効果があって、美容(若さやキレイさを保つための努力をするのとしないのでは、年を経るごとに大きく差が開いていくでしょう)に興味のある方にはおなじみの成分です。でも、実は、危険とも言われている成分でもあります。2006年頃から、献血でおなじみの日本赤十字社は、プラセンタ(サプリメント、ドリンク、化粧品、ゼリー、育毛剤、医薬品と色々な商品が開発されています)注射をした事のある方の献血を受け入れていません。もちろん、日本赤十字社単独で決めた事ではなく、厚生労働省から正式な通達が出ているからですが、なぜそのような事になったのでしょう?それは、クロイツフェルト・ヤコブ病などの感染を恐れているからだと言われています。あまり耳にした事のない病名かもしれませんが、狂牛病と言えばわかりやすいかもしれませんね。これは現在確固たる治療方法が解明されておらず、スポンジ状の穴が脳に開く事で脳機能障害が引き起こされる病気です。軽度の歩行困難だけでなく立ちくらみやめまいなどの症状が現れ、聴覚や視力にも支障が起きるようになり、わずか1〜2年で死亡する恐ろしい病気なのです。このクロイツフェルト・ヤコブ病が献血によって感染したという報告はまだありません。しかし、プラセンタ注射は人間の胎盤を原料として作られているため、必ずしも感染しないとは限らないと言うところもから、念の為に献血(健康な人が、輸血や血液製剤を製造する原料として、無償で血液を提供することをいいます)を拒否しているのだそうです。今の所はクロイツフェルト・ヤコブ病やその他の感染症にかかったといった症例は出ていないでしょうが、今後も必ずしも出ないとは言い切れません。プラセンタ(原料と含有量には十分に注意すべきでしょう)注射は、効果があったと言った口コミが圧倒的に多いのも事実です。ただ、外部から体の中に異物を取り入れる以上、何らかの副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)などが起こりうる可能性はあります。これはプラセンタ(紫河車という名前で、漢方薬としても使われていたそうです)に限ったことではありませんが、使用する前にしっかり確認し、安全性を見極めた上で取り入れることをおすすめしますー